【ついに情報解禁!?】山ワ建設工業社屋新築工事 建て方・上棟式の様子

11月5日、山ワ建設工業の社屋新築工事の建て方が行われました。

建て方 上棟

明け方は雨が降っていましたが、日中は天候に恵まれ、順調に建て方が進められていきました。

建て方の日に雨が降ると、担当者は「雨男」の不名誉な烙印を捺されてしまうので、嫌なプレッシャーです。

建て方 上棟 レッカー

レッカー車2台で、あちらとこちらで職人さんたちが手際よく作業を進めていきます。

建て方 上棟

想像以上の速さで、棟まで上げていきました。

建て方 上棟

夕方には、屋根タルキの上に板が貼り終わる勢いでした。

約90坪の木造平屋なので、一般住宅よりも屋根面積が広くなっております。

朝早くから皆様お疲れ様でした。

 

そして、翌日11月6日は、朝から上棟式が執り行われました。

上棟式

上棟式は、建物の棟が無事に上がったことに感謝するとともに、これからの工事の安全祈願、竣工後の建物の無事を祈願する儀式なのだそうです。地域や住宅メーカー、施主によってもどのように行うのかの差異があるようです。

上棟式の最中に棟を上げるというパターンもあるようです。地域によっては、餅まきをしたり、料理やお酒をふるまったりして、お祝いをしたりすることもあったようですが、近年は簡略化されており、上棟式を行わないケースも多いです。

上棟式上棟式

私自身も上棟式は初めての経験でした。

 

今後も、完成までの工事の途中経過をご報告していきますので、お楽しみに!

 

関連記事

製材工場解体工事完了

製材工場解体清祓い

 

ご相談はこちらから
0120-28-0556 0120-28-0556
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る